住宅展示場、モデルハウスの情報サイト。関東地区最大級の会場、棟のモデルハウス情報を網羅!


パワフル!ビューティフルガーデン

ガーデン探訪 日本編 「高知県立牧野植物園」
 植物学者のお庭に原種の植物を訪ねよう

ガーデンを巡る旅、今回は四国高知県にある「国立牧野植物園」を御紹介します。
日本の植物分類学の礎を築いた世界的植物学者牧野富太郎博士の遺業を偲ぶ植物園です。ゆかりの植物約3000種、牧野文庫5万8千点、温室等が広大な敷地に配置されています。(写真1)
1999年にリニューアルされましたが、創立は1958昭和33年と日本中でも古い歴史のある植物園です。


一日歩いていても次々と目の前に広がる新しい「風景」に驚かされますが、
最も注目されるのは園内に植栽されている約3000種の植物はほとんどが野生種である事です。自然志向の流れにあって、昨今の品種改良種が主流の花苗では飽き足らないガーデニングファンが急増しているとの事。実際の園内には野生品種の花苗が原野に咲くように、又樹木も山歩きをしていて偶然出会うようなタイミングで配されている処は日ごろのガーデニング、庭づくりに大きなヒントを与えてくれているように思えるのです。(写真2-1、2-2)


花色は決して鮮やかなものばかりではありませんが、自然の中で種々の植物同士が寄り添い、競って咲く力強さに興奮を覚えます。
施設全体の建築もパーゴラや渡り廊下の設えが素晴らしく、所々の散策路には屋根がついているので、雨の日でも、充分楽しめるような工夫がされています。
水場のセンスも素敵です。丁度カキツバタが満開でした。(写真3、4、5)


温室内は沢山の花の匂いで満ちているワンダーランドです。乾燥に強いもの、湿度が好きなものがそれぞれ自らの生育地にあるような展示になっていて迫力を感じます。(写真6、7)


とかく華やかに、カラフルに、と考えがちなガーデンデザインですが、
庭の植物は「自然を感じられる」ように植えるのがそれぞれを一番美しく見せる事のできる最高のテクニックと思います。


植物学者の牧野さんのお宅に招かれたように散策できるこの場所は、お庭づくりの原点に立ち戻る事もでき、力強い原種の植物達に沢山のパワーを頂く事ができました。(写真8)


アッシュガーデン 谷田部 淳子



パワフル!ビューティフルガーデン記事一覧



11
一覧はこちら
  • 東京ガス
  • 中央労働金庫
  • ホームセキュリティ
  • 30年耐久フロアコーティング
  • 朝日新聞総合住宅展示場
  • ジェイコム湘南
  • 東進こども英語塾
  • 工房信州
  • 引越革命
  • 保険マンモス
  • 日本テンポラリーハウス
  • 東京ガス
  • 中央労働金庫
  • ホームセキュリティ
  • 30年耐久フロアコーティング
  • 朝日新聞総合住宅展示場
  • ジェイコム湘南
  • 東進こども英語塾
  • 工房信州
  • 引越革命
  • 保険マンモス
  • 日本テンポラリーハウス