見学予約

住まいのコラム 仕事と家事がスイスイ進む!ワークスペースについて考えよう
  • #効率化
  • #間取り

新型コロナ以降、テレワークという考え方の普及が進むとともに、家の中のワークスペースに注目が集まっています。新しく計画する住まいには、仕事と家事を両立しやすい間取りを取り入れてみてはいかがでしょうか。
ハウスメーカーごとに独自の提案をしているので、展示場を訪れてみるとイメージがわきやすいかもしれません。
ご家族の生活スタイルに合わせて、ぜひ参考になさってください。

テレワークのスペースを確保する

働き方としてテレワークを考慮する場合、今までとはちがったアイデアや工夫が必要になっています。家族のライフスタイルを変えて対応することも大切ですが、それだけでは難しいケースも多いですね。
そこでおすすめしたいのが、リビングや寝室などの一角へワークスペースを設ける方法です。
特に新居を計画されている方は、モデルハウスのワークスペースを参考にプランを考えてみてはいかがでしょうか。

部屋の一角を利用したワークスペース

夫婦共稼ぎや小さなお子さんがいるご家庭では、テレワークと家事の両立が大きな課題となっています。すき間時間を効率的に使えるワークスペースの実例をご紹介します。

最近では、リビングやダイニングの、壁や腰窓の前に天板を設置して、オープンタイプのワークスペースにする手法に人気が集まっています。設置費用を抑えつつ、専用の仕事コーナーが簡単に手に入りますね。
アクセントカラーで仕上げた壁やこだわりの格子窓を眺めながらの仕事は、はかどること間違いありません。

blank

また、広々とした寝室の一部をワークスペースとして転用するプランもおすすめです。収納や壁を使って部屋を仕切ると、寝室の一角にコンパクトかつ集中できるワークスペースが誕生します。

blank

部屋の一部を半透明のパネルを使って空間をやわらかく仕切るアイデアも、圧迫感がなく人気があります。
限られた土地面積でも半個室や個室タイプの書斎が実現するのは、自由度の高い注文住宅ならではです。

部屋を転用したワークスペース

テレワーク中にはオンライン会議なども多く、個室タイプのワークスペースの設置を検討する方も増えています。リモート会議中の背景が生活感にあふれたままでは、仕事相手にルーズな印象を与えることにもなりかねません。

blank

ワークスペースへの転用にぴったりな場所として、ウォークインクローゼットがあげられます。オンライン会議の背景を整えられ、音や視界を遮断できる個室タイプのワークスペースは集中力もアップすること間違いありません。

また、小屋裏もワークスペースとして活用しやすい場所といえるでしょう。居住スペースから切り離されているため、仕事に集中できる環境を整えやすい空間です。

blank

テレワークが特別なことではなくなり、柔軟な働き方のひとつとして一般化していくことを考えると、快適なワークスペースはこれからの注文住宅に必要不可欠な要素ですね。

スキップフロアをおしゃれに活用

敷地をおしゃれに広々と活用できるスキップフロアは、住宅展示場でもトレンドの間取りです。スキップフロアを取り入れることで、空間を縦に利用した遊び心満載のワークスペースが実現します。

blank

この空間にデスクを配置するには、二つの方法があります。
一つは開放感を重視して、部屋を見渡すようにデスクを配置するアイデア。子どもたちを見守りながら仕事ができるスペースづくりとして人気があります。
もう一つは、集中できるワークスペースとして壁へ向けてデスクや天板を設置する方法です。家の中のことは気配として感じながら、仕事をするときはしっかり集中できます。

blank

また最近人気なのは、スキップフロアを和の空間として演出するプランです。段差を活かすことで、掘りごたつのように足を下ろすことができ、縁のない琉球畳をフロアに敷くと落ち着いた和風書斎の完成です。和紙を使った照明や、窓に障子をあしらうだけで趣深い大人の書斎へとアップデートできます。

家事を楽しむためのワークスペース

blank

コロナ禍による大きな変化の一つに、家事を家族全員でシェアするようになったことがあげられます。ワークスペースといえば仕事をする場所と考えがちですが、快適に家事をするためのワークスペースにも注目が集まっています。
家族で家事をシェアすることが浸透しつつあるとはいえ、テレワークのすき間時間を活用して家事もこなしたいものです。食洗機から食器を片付ける、料理の下ごしらえをするなど、テレワーク中のちょっとした家事は、座りっぱなしの身体を動かすいい機会にもなります。
以前は家事室やランドリー、ユーティリティスペースなどと呼ばれていた空間は、どのような進化を遂げているのでしょうか。ここからは、注文住宅の家事を楽しむためのスペースについてご紹介しましょう。

進化している家事室

blank

もともとは家事を効率的に進めるのが目的だった家事室。洗濯を例にとると、洗濯機から出した洗濯物を広げて干す、乾いたら畳んでアイロンを掛けるまでの一連の流れをスムーズに行うための場所でした。
ところが、最近ではパソコンを使った事務作業や趣味を楽しむスペースとしても利用されることが増えています。
また、家事室といえば生活感を表に見せないための個室が主流でしたが、家族の声が聞こえるオープンな場所に設置されることも。最新の家事室のトレンドは、家族全員がより快適に暮らすための多機能なスペースといえるでしょう。

家事動線とのスムーズな関係

家事を楽しむためのワークスペースは、家事動線とスムーズな関係にあることが必須です。キッチンとベランダの間に作業スペースがあれば、家事のすき間時間にレシピを検索したり、洗濯物を取り込んだりできます。
洗面所の近くの部屋干しスペースを兼ねた作業コーナーも人気があります。ファミリークローゼットを組み合わせると、洗濯物が他の部屋に散らかる心配もありません。

blank

キッチンからワークスペース付きのパントリー、さらにランドリールームに通り抜けられるようにする間取りもおすすめです。キッチンとランドリールームの間にワークスペースを挟むことで、買ってきたものを置いたり、衣服を畳んだりアイロン掛けもできるスペースが生まれる、便利なアイデアですね。 

家事をシェアする時代へ

現在の家庭では、家事は主婦(夫)だけのものではありません。そのため、家族全員で家事をシェアするための間取りを検討する方が増えています。
ご家族の構成に合わせたワークスペースを家事動線上へ配置できるのは、自由に設計できる注文住宅ならではです。
家事動線をよりスムーズにするユーティリティスペースは、毎日の生活に心のゆとりをもたらします。

おしゃれなワークスペースをもっと楽しもう!

ライフスタイルの変化を受けて、家族の形や暮らしに合わせて使えるワークスペースを検討する方が増えています。
テレワークに対応するためのワークスペースや、暮らしやすさを追求したユーティリティなど、モデルハウスには最新のアイデアがたくさん詰まっています。ハウスメーカーごとに工夫をこらした特徴があり、新築プランの参考になさってみてはいかがでしょうか。
ぜひ一度、住宅展示場を訪れてご自身の目で確かめてみてください。

SUPPORT FOR LIVING

住まいのサポーターズ

「住まいのサポーターズ」では、お住まいをご検討のお客様をサポートする各企業をご紹介。住まいに関する有益なサービスや、おトク情報をお届けしています。 一覧を見る