見学予約

住まいのコラム これからの住まいのスタイル、ZEHとは!?
  • #エネルギー

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、家で使うエネルギーより家でつくるエネルギーを多くすることで、実質的に使用するエネルギーをゼロにすることを目指す住宅。ZEHはゼッチと読みます。住まいの省エネは、今や国の大きな目標の一つ。ZEHに寄せられる期待も熱いものがあります。今回は、これからの住まいの新しいスタイルとなるZEHの基礎知識やメリットについてご紹介していきます。

今や新築の半数以上がZEH!

経済産業省では、2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上でZEHの実現を目指す、という目標を掲げ普及に向けた取り組みを行ってきました。その結果、2020年のハウスメーカーが新築する注文戸建住宅の約56%がZEHとなるなど、今や住まいの大きなトレンドになっています。

ZEHとは、先述したように家で使うエネルギーより家でつくるエネルギーを大きくすることを目指す住まい。家で使うエネルギーといえば、暖房、冷房、換気、照明、給湯など。これらを太陽光発電システムや蓄電池システムで補い、さらに高断熱仕様や風が通りやすい設計を施し、高効率照明、高断熱サッシ、高効率エアコン、高効率給湯器、HEMS(エネルギー管理)などを採用してエネルギー収支ゼロ以下を目指していきます。

出典:資源エネルギー庁ウェブサイト(https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.html)

ZEHのメリットとは?

ZEHのメリットといえば経済性、健康、そして防災。さらに、多数の補助金制度があり、住宅ローンの金利が優遇されるなど、多くのメリットがあります。では、一つずつみていきましょう。

経済性

太陽光発電システムやHEMS(エネルギー管理)、高断熱性能、通気性、様々な高効率設備の採用により、光熱費を抑えることができます。陽光や風を住まいに効率よく取り入れる設計や間取りの工夫もポイント。設計力の高いハウスメーカーを選ぶことが大切となります。

健康

断熱性が高く結露やカビが発生しにくいため、健康的な住まいが実現します。夏は涼しく、冬は暖かい快適空間で、家族みんなが健やかに過ごせます。また、室内の温度差が少ないのも大きなメリット。高血圧やヒートショックの対策につながることが数々の研究で実証されています。

防災

太陽光発電システムがあれば、停電時も自立運転で電力を使えるので安心です。さらに、発電した電力を蓄電池に貯めることも可能。災害時も一定時間電力を使用することができます。家庭用燃料電池やハイブリッド給湯・暖房システムがあれば、貯湯タンクから非常用の生活雑用水を取り出すこともできます。

多数の補助金制度

ZEHの普及促進のために国や地方自治体が手厚い補助金制度を設けています。国では経済産業省は「将来のさらなる普及に向けて供給を促進すべきZEH」として令和4年度予算80.9億円、環境省では「引き続き供給を促進すべきZEH、ZEH+」で令和4年度予算110億円、国土交通省では「中小工務店が連携して建築するZEH」で令和4年度予算200億円。さらに、地方自治体でも独自の補助金制度を設けているケースがあり、併用することで建築コストを大きく軽減可能です。

下記の3省連携による「ZEHに対する支援」参照
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001474252.pdf
経済産業省、国土交通省、環境省、3省連携によるZEH支援資料より参照作成

住宅ローンの金利優遇

国の普及促進策に呼応して金利優遇に乗り出す銀行が増えてきました。今後、同様の優遇策を打ち出す銀行が続出することでしょう。

まとめ

政府は、令和3年10月に閣議決定されたエネルギー基本計画において、「2030年以降新築される住宅について、ZEH基準の省エネルギー性能の確保を目指す」とともに「2030年において新築戸建て住宅の6割に太陽光発電設備が設置されることを目指す」とする政策目標を設定しています。これからは、ZEHが新しい住宅のスタイルとしてあたり前になっていくことでしょう。将来にわたり長く資産価値を保つ上でも、ZEHのような省エネルギー性能は、これからのスタンダード。ハウスメーカー各社も力を入れているので、相談してみてはいかがでしょうか。

SUPPORT FOR LIVING

住まいのサポーターズ

「住まいのサポーターズ」では、お住まいをご検討のお客様をサポートする各企業をご紹介。住まいに関する有益なサービスや、おトク情報をお届けしています。 一覧を見る