住宅展示場、モデルハウスの情報サイト。関東地区最大級の会場、棟のモデルハウス情報を網羅!


スタッフインタビュー
柳岡さん(鶴ヶ島住宅公園担当)

取材日:2017年9月10日

鶴ヶ島住宅公園 スタッフの「柳岡さん」にお話を伺いました。


アンパンマンショー、とても賑わっていますね。

ありがとうございます。たくさんのご家族に来場いただいていて、とてもうれしく思います。皆さまの笑顔を見ると、つい私も一緒に楽しくなってしまいますね(笑)

この鶴ヶ島住宅展示場は、オープンしておよそ25年。近隣の方々にとても親しんでいただいている展示場です。その一方で、鶴ヶ島市内のお客さまだけでなく、川越市や所沢市、また戸田市などからのご来場も。近隣、遠方問わず、皆さまに来場しやすいとのお声を頂戴しています。モデルハウスもじっくり見学でき、ご家族の休日としてもゆったりと過ごせる。そんな展示場をこれからも心がけていきたいと思っています。


モデルハウス見学では、どんなお客さんが多いですか?

そうですね・・・、傾向はとくにはないと思います。イベント時はご家族が多いですが、平日にはお一人の方も。ご年齢についても、若い方からお年をめされた方まで様々です。

ただ、あえて言えば、じっくりと検討したいという方が多いのかもしれません。つい先日のことですが、男性お一人のお客さまがいらっしゃいました。はじめてのようで、二、三ご質問を承りましたが、お聞きすると他県からいらっしゃったとのこと。納得いくまで検討したいからと、当展示場に来られたそうです。

こういったお客さまは稀ですが、でも見ていると、皆さま心いくまで見学されている印象を受けます。


週末イベントでは、どんな特徴がありますか?

ご家族で楽しめるイベントがメインですね。今年の夏は、カブトムシやクワガタ、カメなどと触れ合える「ちびっこ生態教室」や「工作体験ひろば」など、夏休みの自由研究にもオススメのイベントを開催しました。お子さまによろこんでいただけたのはもちろん、ご両親もたいへん懐かしがられて。終日たくさんのお客さまで賑わいました。

あと、カゴづくりなど、大人にも楽しんでいただけるクラフトショップも定期的に開催しています。こちらも好評なんですよ。


最後に、イベントのやりがいはどんなところですか?

それは、全部(笑)。ひとつの場所にたくさんのご家族が集まり、それぞれが快適なひとときを過ごす。そのためのお手伝いが私たちの仕事です。なので、ちょっとしたことでもご不明な点があれば、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。あと、やりがいを聞くのであれば・・・、スタッフの女の子にもぜひ!




【スタッフ】2年ほどアルバイトをしています。住宅展示場のバイトははじめてでしたが、とても面白くて、長く続けています。今、友達も一緒に働いているのですが、実は私が誘ったんです(笑)。

やりがいというと・・・、いちばんは、たくさんのご家族をご案内できることですね。景品の受付が主な仕事ですが、お客さまがご不明な点があれば承ります。お一人おひとりに的確な応対が必要なので、そこにやりがいを感じます。あと、ご家族はもちろん、たくさんのお子さまとも触れ合えること。私、子どもがすっごく好きなんですよ(笑) でも、学生なので普段そういう機会がなくて。なので、とくに小さいお子さんが、何か聞いてきてくれたときはうれしく感じますね。これからも、お客さまに楽しんで、安心して過ごしていただけるよう、頑張りたいです!





6
一覧はこちら
  • 東京ガス
  • 中央労働金庫
  • ホームセキュリティ
  • 30年耐久フロアコーティング
  • 住宅展示場アプリ イエッサー
  • ジェイコム湘南
  • 東京ガス
  • 中央労働金庫
  • ホームセキュリティ
  • 30年耐久フロアコーティング
  • 住宅展示場アプリ イエッサー
  • ジェイコム湘南