住宅展示場、モデルハウスの情報サイト。関東地区最大級の会場、棟のモデルハウス情報を網羅!


スタッフインタビュー

高井さん(さいたまハウジングパーク担当)

取材日:2015年8月16日

さいたまハウジングパーク 営業担当の「高井さん」にお話を伺いました。


さいたまハウジングパークはどんな展示場ですか?

2010年9月にオープンした総合住宅展示場です。主な特徴としては、24区画をご用意した、埼玉県最大級の規模であること。そして、モデルハウスは全棟、「長期優良住宅」に対応していることですね。 長期優良住宅というのは、簡単にご説明すれば、「環境に優しく、長く住んでいただける家」です。「耐震性」、「劣化対策」、「維持管理・更新の容易性・省エネルギー性」等の一定基準を満たしている住宅が、認定を受けることができます。 このような最新のモデルハウスが並ぶほか、インフォメーションセンターでは、各モデルハウスのパンフレットのご用意はもちろん、さいたま市の情報など、暮らしに役立つ情報コーナーも設置。また、エネファームやLED照明など、自然を生かす「環境共生」のご提案も行っています。



場内の雰囲気がとても素敵です。

ありがとうございます。お客さまにも、好評いただいているんですよ。当展示場は、「自然と調和した美しい街並み」をテーマにしていて、季節折々の花々や木々が茂り、場内には小川が流れています。モデルハウスを見るだけではなく、ゆったりと散策を楽しまれている方も多いですね。

週末はどのようなイベントが開催されていますか?

展示場の規模や環境を生かして、周辺にお住まいの方も楽しめるイベントを開催しています。以前、場内の小川を使って開催した、「ザリガニ釣り大会」は、お子さまだけではなく、ご両親にも懐かしいと、喜んでいただけました。

あと、最近のイベントで特に人気が高かったのは、「ダンスコンテスト」と「大食いなでしこに挑戦!ハヤシライス大食い対決」ですね。

ダンスコンテストは、一般参加型のコンテスト。7チームが参加したのですが、当日はご父兄も応援に駆けつけ、たいへん盛り上がりを見せました。

大食いなでしこ?の方も、白熱の大会になりました。こちらも、一般参加者を募っての開催ですが、テレビで話題になっていることもあって、多くの方にご来場いただきました。

今後も、誰もが楽しく参加でき、かつ思い出に残るようなイベントをご用意していきたいと思っています。

おすすめの展示場の歩き方を教えてください。

初めてマイホームを検討される方であれば、イベントに参加しながら、徐々にイメージを固めていくのがおすすめです。

また、ご自身の候補だけではなく、ぜひじっくりと複数のモデルハウスを見学していただきたいですね。各一流住宅メーカーの提案と自分のイメージとを照らし合わせていくことで、家づくりがより明確になると思います。

さいたまハウジングパーク 営業さんのご紹介

担当の高井です。
オープン時から会場運営に携わっています。皆さまにとって、展示場が身近な場所であるように心がけ、運営を行ってきました。現在、5年が経ちますが、ご検討のお客さまはもちろん、近隣にお住まいの方々にも当展示場を親しんでいただけて、たいへんうれしく感じています。これからも、納得のマイホーム探しができ、かつ地域の憩いの場でもあれるよう、精神誠意取り組んでいきます。





7
一覧はこちら
  • 東京ガス
  • 中央労働金庫
  • ホームセキュリティ
  • 30年耐久フロアコーティング
  • 住宅展示場アプリ イエッサー
  • ジェイコム湘南
  • 東進こども英語塾
  • 東京ガス
  • 中央労働金庫
  • ホームセキュリティ
  • 30年耐久フロアコーティング
  • 住宅展示場アプリ イエッサー
  • ジェイコム湘南
  • 東進こども英語塾