住宅展示場、モデルハウスの情報サイト。関東地区最大級の会場、棟のモデルハウス情報を網羅!


HOME > 家づくりの基礎知識 > 建物について > 建材の基礎知識

家づくりの基礎知識
建物について

◆建材の基礎知識

・法規制について

建材の中で最も代表的なものと言えばドア(扉)と窓です。最近の住宅に利用されている種類はどのようなタイプがあるか取り上げてみました。


ドア(扉)と窓

【ドア】

片開き扉 両開き扉 親子開き扉
片開き扉(図) 両開き扉(図) 親子開き扉(図)
左右どちらかに開閉する1枚構成の扉で、最もポピュラーなタイプ。玄関の広さはあまり必要としない。 片開き扉を2枚使用し、左右均等に開けるようにした扉。広い玄関に利用されることが多い。 親扉と子扉の2枚を組合わせ、通常は親扉のみを開閉し、子扉は大きな荷物を出し入れするときに開閉する。現在の主流といえるタイプ。
片引き扉 両引き扉  
片引き扉(図) 両引き扉(図)  
1枚の扉を片側に引いて開閉する。扉を仕舞う部分は壁にしたり、ガラスをはめるなど様ざま。 2枚の扉を左右に移動して開閉する。玄関の内と外にスペースがなくても広めの間口を得ることができる。  

【窓】

横開き窓 縦引き窓 縦開き窓 横引き窓
横開き窓(図) 縦引き窓(図) 縦開き窓(図) 横引き窓(図)
窓が外に向かって開き、1枚の片開きや2枚が対象に開く両開きがある。引き窓に比べて気密性が高い。 上げ下げ窓とも呼ばれ、窓を上下に移動して開閉する。開閉しても窓が外に飛び出さず、スッキリしている。 窓の上下を片方を軸に内側から外側に倒すように開くタイプと、窓枠の溝に沿って窓が動く滑り出しタイプがある。 窓を左右いずれかにスライドさせて開閉する。一方だけが開く片開き、左右から開ける引き違い、中心から開ける引き分けがある。
出窓 ルーバー窓 フィックス窓  
出窓(図) ルーバー窓(図) フィックス窓(図)  
外壁よりも窓が外に張り出していて、開閉できるタイプとできないタイプがある。 縦に何枚も組合わさった短いガラスが、ハンドル操作で上下に開閉する。日射や視線を遮りつつ、通風を確保できる。 開閉することができない窓で、はめごろし窓とも呼ばれる。階段や吹き抜けの高い部分に、採光を得るためによく利用されることが多い。  

・窓とドア選びの基礎知識


1. 気密・断熱性

窓やドアのことを住宅業界では開口部と呼びます。気密・断熱性が最近の住宅では一般的になりつつありますが、気密・断熱性を左右するのがこの開口部です。室内の冷暖房による暖気や冷気が最も逃げていくのが開口部であることや、結露が起こり室内に悪影響を及ぼすことなどから、気密・断熱性の高い窓やドアが採用されるケースが増えています。気密性にはサッシ、断熱性にはガラスの性能が大きく影響してきます。サッシは木製、アルミ製、樹脂製などが、ガラスには単板ガラスや複層ガラスなどいろいろな種類があります。


2. 遮音性

幹線道路がすぐ近くを走っているような所では屋外の騒音を遮る窓を採用し、静かな室内環境を築きたいもの。二重サッシや複層ガラスを用いることで、外の騒音ばかりか室内の音を外に漏らすことも極めて少なくなります。


3. 防犯性

空き巣やその他の侵入者が狙いやすいのが窓とドア。割れにくいガラスやこじ開けられない錠で対処します。二重錠や防犯ガラスなどは有効な防犯策です。最近は使いやすさも良くなった防犯性の高い電子錠も増えています。


4. 防火性

どんなに火災に強い建物でも、窓がある限り、火に侵入されてしまう可能性があります。そのため窓ガラスを網入りガラスにするなどの対策が必要です。網入りガラスは、ガラスが割れても破片は金網に支えられ、穴があいたり崩れ落ちたりしにくく、火炎や火の粉の侵入を防ぐ効果があります。


5. バリアフリー

子供からお年寄りまで、弱者に対して安全に使用できる配慮が開口部に求められています。例えば扉では、足元の段差をなくしたり、車椅子が通りやすい幅(750mm以上)を確保することが必要です。また窓には指を挟まない装置や、風で突然閉じたりしない工夫のあるものも見られます。


・サッシの材質選びの基礎知識


1. 木製

木のナチュラルな質感が楽しめますが、腐食しやすいのでメンテナンスの手間がかかります。木に塗装を施すことでメンテナンスを軽減することもできます。


2. アルミニウム

とにかく軽量なので取扱いが楽です。しかも錆びにくく耐久性も高い素材といえます。しかし熱伝導率が高いため、断熱性は不利となります。価格は他に比べて手頃となっています。


3. 樹脂

熱伝導率がアルミニウムの1000分の1と小さいため、断熱性は非常に高い素材です。軽量で加工が容易という特徴があり、さらに塩害などの腐食に強いメリットもまります。ただ、価格については手頃とはいえません。


4. 複合素材

複数の素材を使用してそれぞれの長所を活かしたのが複合素材です。例えば木とアルミニウムを組合わせて、耐久性と断熱性の高い優れたサッシを可能とするなど。


・ガラス選びの基礎知識


1. 合わせガラス

ガラスとガラスの間に透明な中間膜を挟んだものを言います。物が当たっても貫通しにくく、従って風圧にも強いのが特徴です。また割れても飛び散らず安全です。中間膜の種類によっては紫外線をカットしてもくれます。防犯性、防音性も高く、耐貫通性に優れる防犯合わせガラスは、中間膜が通常の2倍も厚くなっています。


2. 複層ガラス

ガラスとガラスの間に空気の層を設けたものを言います。空気は最も断熱性が高く、これを挟み込むことで断熱材の役割を果たすことになるのです。2枚のガラスの厚みを変えた異厚複層ガラスは防音性に優れた効果を発揮します。室内のガラスを特殊コーティングした遮熱複層ガラスは断熱性に優れています。いろいろな組合わせができるのが複層ガラスの特徴でもありますが、合わせガラスを使用した複層ガラスなら、より高い性能が期待できます。




11
一覧はこちら
  • 東京ガス
  • 中央労働金庫
  • ホームセキュリティ
  • 30年耐久フロアコーティング
  • 住宅展示場アプリ イエッサー
  • ジェイコム湘南
  • 東進こども英語塾
  • 工房信州
  • 引越革命
  • 保険マンモス
  • 日本テンポラリーハウス
  • 東京ガス
  • 中央労働金庫
  • ホームセキュリティ
  • 30年耐久フロアコーティング
  • 住宅展示場アプリ イエッサー
  • ジェイコム湘南
  • 東進こども英語塾
  • 工房信州
  • 引越革命
  • 保険マンモス
  • 日本テンポラリーハウス