住宅展示場、モデルハウスの情報サイト。関東地区最大級の会場、棟のモデルハウス情報を網羅!


パワフル!ビューティフルガーデン

もう一つのリビング
寛ぎのデッキバリエーション

美しい日本の四季。誰もがアウトドアでも「心地良い」と感じられる季節がやってきました。
この時期にお庭にもう一つのリビングがあったらどんなに楽しいでしょう。?
今回はガーデンデザインの中でも不動の人気の「ウッドデッキ」のお話しをしたいと思います。
ウッドデッキの素材は大きく分けて硬質木材の「イペ」や「ウリン」等と、主に北米地方の広葉樹が材料の比較的柔らかな「レッドシダー」が代表的なものになります。素材やサイズに関わらず、「使い易さ」と「寛げる空間」になるように少しだけアイディアをプラスして作る事が何より大切なポイントになっ てきます。
写真はデッキ奥に花壇を作った事でリビング正面から季節毎の花を楽しめて、スリッパでそのまま花の手入れができる少し贅沢なレッドシダーのデッキです。(写真1、2)
目隠しフェンスを付けると落ち着いてお手入れができ、お茶をしてもゆっくり過ごす事ができます。


アウトドアで楽しめる時期をぐっと長くするには、ルーフ付きのデッキがお勧めです。(写真3) 明るい屋根から射す柔らかな日差しを享受して雨天に関係なくお茶をしたり洗濯物を干したりする事ができます。こちらのデッキはイペという硬い材木で、アジアンリゾートのような雰囲気をお好みの方向きです。 幅広の手摺にすれば、お飲み物のグラスも置けて「チョット飲みtime」も盛り上がります。(写真4)


デッキは木材そのものの色を楽しんでも良いのですが、明るめの塗装でインパクトを付けるとぐっと雰囲気が変わります。(写真5、6)はレッドシダーのデッキにブルーグレー色を塗装したものです。縦桟で角度をつけて貼った手摺は見た目にも、プライバシーの為にもとても有効です。


(写真7)は幅がたった1.2mの小道のようなデッキですが、小さなチェアとテーブルを置いても充分リラックスできるスペースです。 こちらはマンションのベランダにも応用できる大きさで、植物の入ったポットを置けば温かい木のぬくもりと植物に囲まれた心地よい寛ぎのリビングで過ごしている気分になれます。



アッシュガーデン 谷田部 淳子



パワフル!ビューティフルガーデン記事一覧



11
一覧はこちら
  • 東京ガス
  • ホームセキュリティ
  • ラク越・引越革命
  • 朝日新聞総合住宅展示場
  • 日本テンポラリーハウス
  • 東進こども英語塾
  • 中央労働金庫
  • 30年耐久 フロアコーティング
  • 信州の木の家へ帰ろう
  • 保険マンモス
  • ケーブルテレビ