住宅展示場、モデルハウスの情報サイト。関東地区最大級の会場、棟のモデルハウス情報を網羅!


パワフル!ビューティフルガーデン

コツを掴んで始めよう!「必ず上手くゆく
ガーデンデザイン」

冬も後半戦に入って、暖かい春が待ち遠しくなってきました。
ガーデンニングが趣味の方もこれから庭づくりを始めてみたいと思っている方もこの寒い時期に室内でじっくりと庭の計画をたてておきますと、春満開のシーズンに望み通りの素敵なお庭がスムースに出来上がるはずです。
今回は敷地内にお庭のスペースはなくても、スモールガーデンを是非作ってみたい方に3つのステップで庭づくりコツを御紹介します。


コツ1.お庭を造る場所は「通路」「ガレージ周り」がイチオシの場所


家には庭を造るスペースが無いから、、、と諦めないで下さいね。
敷地内の脇通路や玄関までの小道、ガレージ脇のちょっとした隙間はスモールガーデンを作るのに最適な場所です。
狭いスペースで目立つ場所なので、お手入れし易い上に少しの花苗でも効果抜群です。
小さくても気の利いた植え込みがあるだけで家全体の印象が劇的に変わります。


コツ2.花苗は少しだけ。明るい色の葉を多め選びちょっと珍しい植物も少し入れてみます。


カラフルな花類を多く入れてしまうと、花ガラ摘み等お手入れが大変。
手間いらずの葉を多くして、ローメンテナンスに仕立てます。
又、玄関までの細い通路はガーデンのセンスを来訪者にアピールできる場所でもあります。
新種やちょっと変わった植物を植えてオリジナリティーを出してみましょう。


コツ3.敷き石を選ぶ時は茶色系のナチュラルなものを選ぶ。


自然石を選ぶならば植栽の花色、葉色とコーディネートし易いナチュラルなベージュや茶色のミックスのものにします。
植物一つ一つの苗がはっきりと見えて、自然な雰囲気に仕上がります。
砂利を選ぶ時も同様ですが、粒の角が尖ったものよりも丸いものを選んだ方が地面にフラットに仕上がり、より馴染みやすくなります。

以上の事は私もガーデンデザインをする時に心掛けている事です。
ステップを踏んでデザインすれば、必ず「素敵!」と感じられるオリジナルな庭ができあがるはずです。

アッシュガーデン 谷田部 淳子



パワフル!ビューティフルガーデン記事一覧



11
一覧はこちら
  • 30年耐久 フロアコーティング
  • ケーブルテレビ
  • 保険マンモス
  • ラク越・引越革命
  • ホームセキュリティ
  • 東京ガス
  • 日本テンポラリーハウス
  • 朝日新聞総合住宅展示場
  • 東進こども英語塾
  • 中央労働金庫
  • 信州の木の家へ帰ろう