住宅展示場、モデルハウスの情報サイト。関東地区最大級の会場、棟のモデルハウス情報を網羅!


EPCOATフロアコーティング

他社製品にないEPCOATの大きな特徴

家具の引きずり傷やペットの引っかき傷からフローリングを守ります

EPCOATフロアコーティングは、液体ガラスを原料として使用していますので、UVコーティングで使用されるウレタン素材やシリコンコーティングに比べ、非常に硬く(6H以上)、ペットの爪傷や家具の引きずり傷からフローリングを守る事が出来ます。また、UVコーティングのように太陽光(紫外線)で劣化することもなく、UVコーティングやシリコンコーティングよりも10倍以上長期的にフローリングを守ります。

UVコーティングなど他社製品との耐久性比較結果
商品名 主原料 耐久性試験ブラシ洗浄回数 塗装面の状態
EPCOAT 液体ガラス塗料 20,000回 変化なし
UVコーティング 2液性UV硬化型ウレタン塗料 2,000回 塗膜に傷あり
油性ウレタンコーティング 1液性油性ウレタンコーティング 1,000回 塗膜に傷あり
水性ウレタンコーティング 1液性水性ウレタンコーティング 200回 塗膜に傷あり
高濃度ウレタンコーティング 業務用ウレタンワックス 20回 塗膜に傷あり

試験方法JIS K 5663:2003(ブラシ総質量450g 洗浄液0.5%石鹸水溶液)

ペットや赤ちゃんが舐めても安心・安全なフロアコーティングです

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんやワンちゃんネコちゃん、落ちているものを口に入れたり、フローリングを舐めたりします。一般的なワックスは石油成分で作られたものが多く、決して安全とは言えません。EPCOATフロアコーティングは、食品衛生法・食品、添加物などの規格基準に適合していますので、ペットや赤ちゃんがEPCOATで施工されたフローリングを舐めてしまっても全く問題ありません。安心・安全なフロアコーティングです。

塗膜からのホルムアルデヒド、及び揮発性有機化合物(VOC13物質)放散速度
塗膜からの放射速度(μg/(㎡・h))
経過時間 7日後
ホルムアルデヒド 1回目 1回目不検出(測定下限値1.0)
2回目 2回目不検出(測定下限値1.0)
平均 平均不検出(測定下限値1)
アセトアルデヒド 1回目 1回目不検出(測定下限値1.0)
2回目 2回目不検出(測定下限値1.0)
平均 平均不検出(測定下限値1.0)
トルエン 不検出(測定下限値1)
キシレン 不検出(測定下限値1)
エチルベンゼン 不検出(測定下限値1)
ステロン 不検出(測定下限値1)
バラジクロロベンゼン 不検出(測定下限値1)
テトラデカン 不検出(測定下限値1)
フタル酸ジ-nプチル 不検出(測定下限値1)
フタル酸ジ-2エチルヘキシル 不検出(測定下限値2)
クロルビリホス 不検出(測定下限値0.008)
ダイアジノン 不検出(測定下限値0.004)
フェノブカリブ 不検出(測定下限値1)

塗布液:EPCOAT

EPCOATフロアコーティングは、フローリング・塩ビシートなどに対し、滑り止めの効果を高めますので、床が滑りにくくなり、ペットやお年寄りの足腰への負担を和らげるだけでなく、つまずきなどの防止にもなります。ペットはもちろんの事、小さなお子様や高齢者の方にも快適な生活空間を提供します。

EPCOATを施工した場合の滑り性試験
  乾燥状態 湿潤状態
EPCOAT施工後 1.10 1.01
EPCOAT非施工 0.96 0.70

試験方法JIS A5705、A1454(高分子系張り床材試験方式)6.14滑り性試験準拠<br />※滑り抵抗係数(C.S.R)(財)建材試験センター

ページの先頭へ戻る



5
一覧はこちら
  • 東京ガス
  • 中央労働金庫
  • ホームセキュリティ
  • 30年耐久フロアコーティング
  • 住宅展示場アプリ イエッサー
  • 東京ガス
  • 中央労働金庫
  • ホームセキュリティ
  • 30年耐久フロアコーティング
  • 住宅展示場アプリ イエッサー